Surf Music & BLUES!サーフロックとブルースを愛する人へ

サーフ・ミュージック

”サーフ・ミュージック”と言うと最近ではアコースティックを基調にした穏やかで温かみのある音楽、というイメージが定着してきていますが、ここでは、サーフィンを中心にアメリカ西海岸の若者風俗や日常を歌った、明るく軽快でスピード感のあるロックと、ブルースロックのご紹介をしたいと思います。

サーフィン・ホットロッドとリバプール・サウンド(1960年-1964年)

ロックにおいてはサウンドの洗練化がある程度まで進むと、それへの反動としてプリミティヴなパワーを持ったギター・サウンドの復権が起きるという流れが何度か繰り返されている。その最初の例が、ブリルビルディング・サウンドに対するサーフィン・ホットロッド・サウンドの登場である。

ロックはボーカルを中心とするサウンド作りを基本とするが、ロックンロール黎明期からインストルメンタルの作品も存在した。その場合に中心となる楽器はエレクトリックギター、サックス、オルガンなどだが、次第にエレクトリックギターが主役の座に着く傾向が強まった。この傾向は1958年に登場したデュアン・エディと1960年に登場したベンチャーズによって確定的になった。

こうした流れを受けてカリフォルニア州の若者たちの間で1961年頃から流行したのが、サーフィンをしている時の感覚をエレクトリックギターを中心としたインスト音楽で表現したサーフ・ミュージックである。当初はインストであったサーフ・ミュージックにボーカルを付けたのがビーチ・ボーイズである。ビーチ・ボーイズの登場によってサーフ・ミュージックは一挙に全米に広がった。また、間もなく歌詞のテーマはサーフィンだけでなくホットロッド・レース(アマチュアによる公道での自動車レース)にも及んだため、これらの音楽をサーフィン・ホットロッド・サウンドと呼ぶ。

一方のイギリスでロックンロールの影響は徐々に広がっていった。1950年代のイギリスではスキッフルが流行していたが、スキッフルのミュージシャン達は、次第に自分達のサウンドにロックンロールの要素を取り入れていった。スキッフルと呼ぶよりはロックンロールと呼ぶ方が適切であるようなイギリスの音楽は1958年にデビューしたクリフ・リチャードを源泉とする。そして、1962年に登場したビートルズによってその流れは確実なものとなった。彼らの登場後、次々とフォロワー的なビート系バンドが登場した。その多くがビートルズの出身地であるリバプールのバンドだったため、リバプールサウンド(もしくはリバプールを流れる川の名前からマージー・ビート)と呼ばれている。

ブルースロック

ブルースロック (blues rock) はポピュラー音楽のジャンルの一つ。1960年代後半にイギリスからロックの進化形としてニューロックと呼ばれるムーブメントが起こったが、その中で特に白人がブルースをロック的なスタイルで表現したものをブルースロックと呼んでいる。

原点はB.B.キングやマディ・ウォーターズ、エルモア・ジェームスらブルースメンの奏でるギターブルースであり、その模倣から始まった。よってエレクトリック・ギターがバンドの主役となり、歌よりも即興による演奏を長々と聴かせることを主眼としている。スタジオ録音作品を聴くとエレクトリックギターの力強くも繊細な響きを聴かせるというイメージが強いが、実際のライブでは爆音ともいえる大音量で熱狂的な演奏を繰り広げていた。

1960年代後半のごく短期間のうちに一大メジャー化したバンドの多くがハードロックへの過渡的様態を踏んでいることやそのままブルースの様式に止まるものもあって、テクノロジーの進化やビジネスとしての巨大化、その他様々な要因が絡み合い、ブルースロックと呼ばれるものも作品毎に見れば必ずしもひとつの特色で括る事は出来ず、他ジャンルとの線引きの難しい面は指摘される。また同じブルースでも1965年頃までにすでにメジャーであったローリング・ストーンズやアニマルズなどを、とりたててブルースロックという範疇に組み入れる習慣は無いことから見ても、ブルースロックという語は厳密な音楽ジャンルというよりは、1960年代後半における英米ロックの潮流と大把みに位置付ける事が一般的である。

代表的なアーティストとして、マイク・ブルームフィールド、ポール・バターフィールド(Paul Butterfield)、ジョン・メイオール、アレクシス・コーナー、フリートウッド・マック、チキンシャック、サヴォイ・ブラウン、エリック・クラプトン、ロリー・ギャラガー、ジョニー・ウィンター、フリー、テン・イヤーズ・アフターらの名が挙げられる。

エレクトリック・ギター

エレクトリック・ギター(Electric Guitar)は、弦の振動をピックアップ(マイク)で電気信号に変え、ギター本体とギターアンプをシールド(ケーブル)で接続し、任意の音量で演奏できるギター。エレキギター、電気ギターとも呼ばれる。

なお世界最初のエレクトリック・ギターは、1932年リッケンバッカーが発売したラップスチール型の「フライングパン」と、他社製ボディにピックアップを追加した「エレクトリック・スパニッシュ・ギター」である。その後1940年代に ホロウボディのGibson ES-150、ソリッドボディの Bigsby マール・トラヴィスモデルなど新しいモデルが次々と登場し、エレクトリック・ギターが広く一般に認知された。

エフェクターなどで音質を変化させやすいため、多彩な表現が可能である。様々なジャンルの音楽に用いられる。


2style.net