スロット コンチネンタルV 解析攻略

高確移行抽選

高確抽選は主にチェリー・ボーナス成立時とBIG中の共通リンゴ成立時に行われる。中段チェリー・3連チェリー・ボーナスは成立した時点で高確が確定する。
BIG中の共通リンゴは、高確保障ゲーム数が上乗せされる。また、専用BGMが流れれば高確確定となる。

BIG中の共通リンゴ確率 → 全設定共通1/16.0

<高確移行率>
単チェリー  → 10%未満
2連チェリー → 20%
3連チェリー → 100%
中段チェリー → 100%

通常時ART抽選

通常時は共通リンゴ・チャンスリプレイ・リーチ目リプレイ成立時にART抽選が行われている。ボーナスorART確定のリーチ目リプレイ以外は成立時の滞在モードを参照してART抽選が行われる。実践上、高確BGM発生時は、ナシに比べART当選率が大幅に優遇される。

◎チャンスリプレイ成立時状況別ART当選率
 高確BGMナシ 0%
 高確BGMアリ 55.6%

◎共通リンゴ成立時状況別ART当選率
 高確BGMナシ 0%
 高確BGMアリ 20.0%

また、REG終了後1G目にショートフリーズ発生で押し順リンゴ入賞のチャンス。ショートフリーズ非発生で共通リンゴ成立の可能性もある。

なお、ボーナスが1G連した場合もART当選が確定するため、ボーナス終了後1G目は気合を入れてレバーを叩こう。1G連のボーナスはBIG・REGどちらでもOKとなっている。

重要フラグ解説

リンゴフラグ
リンゴフラグは共通リンゴと押し順リンゴの2種類が存在。順押し時は共通リンゴが中段に揃い、押し順リンゴは基本的に右上がりに入賞する。
また、押し順リンゴは不正解時の一部でも入賞する可能性がある。押し順正解時は右上がりに入賞するのに対し、不正解時は下段に入賞するので停止型で判別することが可能となっている。
なお、右上がりに入賞したリンゴの一部でも高確移行抽選行われている。

チェリーフラグ
チェリーフラグは単チェ、2連チェリー、3連チェリー、中段チェリーの全4種類。通常時のモード移行抽選やセーフティゾーン中のゲーム数上乗せ、セーフティゾーン中のチャレンジゾーン昇格など重要な役割を担うので、小役狙い手順で種類を見極めよう。

リプレイフラグ
箱7が右上がりに揃うとチャンスリプレイ、右上がり以外はリーチ目リプレイとなるため、停止型から種類を判別しよう。

こちら スロット コンチネンタルVの無料攻略手順はこちら

2style.net