薔 薇 の 庭

移ろいゆく季節の色形をあざやかに留める庭
水に映ゆる雲の陰 草木の間より零るる光

そこにはただ静寂が
いつでも確かな静寂が

柔らかに 穏やかに 




横たわっていた……









           





 
 『薔 薇 の 庭』































「黒絹」


ばさばさと独特の羽音と共に舞い降りてきた鳥の影が、視界をがらりと暗くした。
全身が黒く、首と翼にあざやかな紅い線を持つ上客。

理多は夕焼けの光あかるい縁側から腕を伸ばすと、黒絹の差し出した文を受け取った。紗の白浴衣に浮かぶ滲むような青が、西日に照らされて紫色へと色を変える。

「ありがとう。黒絹」

丁寧に例を伝えると、鳥は翼を広げて庭の、トマトの植わる場所まで飛ぶ。
見慣れたその姿を目で追うこともなく、理多はゆるりと便りを読んだ。

ひぐらしが、置いていかれたように鳴く。

カナカナ、カナカナ、寂しさの帯を盛夏の夕に翻す……


しばしの時が、流れた。

理多は手紙を手折り、元通り封筒に戻すと、薄闇の空へと上りつつある黒絹に眼を止めて手を振った。
答えるように旋回し、黒絹は去ってゆく。

山へ帰るのだ。
黒絹の一族は山に住む。

人を救うことはあれど人と共存することはない。

「冷汁でもつくろうかの」

水撒きを終えた庭から立ち上る、かすかな熱気と白い霧。
薄い青い闇に霞がかかる。

夏の夕は、とても永い。


ひぐらしはまだ、鳴いている。






























夕餉を終え、蚊帳の中から庭の声を聞いていた。

虫達の合唱。
蛙の喜ばしそうなさえずり。

しっとりと張り付くような闇の中、ゆるやかに風鈴を鳴らず暖かな風が、理多の汗ばんだ皮膚をなでる。

結い上げた黒い髪の、闇に溶け込む様。

しろい首筋と引き立てああって、背筋がさむくなるほどにうつくしい。

「理多様」

ころり、ころり、虫が鳴く。
名前はなんと言ったかの。
甘い濡れ茶の羽根を持つ……

「理多さま」
「誰ぞ?」
「名乗る名前はありませぬ。私は夜を忍ぶもの。真夏の夜の姫君に、いと美しき薔薇を一輪」
「刺客か」
「如何様にもお好きに解釈を」


姿の見えぬ男の声に、理多はふわりと口ほころばす。
仰ぎ団扇を伏せた手元に見るもみごとな薔薇が一輪。

おもしろい。

今宵は薔薇と添い寝というか。


「悪くない」


花の香は眠りを誘う。

明朝目覚めた理多の枕もとに、すでに薔薇の姿は無かった。






















「理多様」

男の声はいつもそう言って、蚊帳の中に一輪の薔薇を置いていく。
毎日同じ色。同じ薔薇。
うら若き乙女の柔肌のごとく、ふっくりとなめらかな花弁。

花の香りはいつも理多を優しく眠らせ、
悪しき夢など寄り付く隙さえ与えない。

しかし朝には消えている。


大層不思議な花だった。




























夏の庭に雨がふる。

平生どおりに便りを届けにきた黒絹は、雨の強さに翼を打たれた。
縁側に滑るように降りてうずくまっている。

理多は傘を持たずに庭に出て、黒絹の好きなトマトを取ってきてやった。

「力が出るまで留まるがよい」

黒絹は答えるように赤いトマトを飲み込んだ。






























黒絹はしばらく理多のもとへ留まった。
翼の羽根が生えるまで時間がかかったのだ。

4日間と半日が過ぎ、黒絹がようやっと空へと舞い上がっていった日に、
理多ははじめて気がついた。

4日間と半日。

あの不思議な薔薇が届かぬ






























「理多様」


久方ぶりに聞く男の声は、どことなく衰弱しているように聞き取れた。
理多はするりと立ち上がり、蚊帳の中に灯りを点す。

「黒絹」

薔薇の花が。

「姿をお見せ」

凛々しい男の、胸にある。

黒絹は、微笑んでいた。

「理多さま。いとまを告げに参りました」



























お祖父様から山の切り崩し計画を聞かされたのは、ごく最近のこと。
文明開化の進むこの当世、なにも珍しいことではない。
お祖母様も叔父貴殿も賛成しておられた。

理多ひとりが反抗の意を見せたとして、どうにもならぬ大きな動き。

「しかし私は嫌なのだ」

それでも理多は抗いつづける。

「この美しい自然を失うことが、この愛しい庭を失うことが、おまえを失うことが。黒絹。私は我が身を切られる如くに辛いのだよ」
「存じておりまする。理多様にとってこの家は、あなた様のお父上の形見ではありませぬか」
「夏が終われば庭は死ぬ。山も死ぬ。父の魂がやどるこの自然が、殺されるのだ。父は二度も殺されるのだ。」
「黒絹の一族は別の山へと移ります。鹿も狸も兎も狼も、もうすでに移動をはじめておりますゆえ。しかし残る一族もある。猿と猪達は、残って山と共に果てると」
「わたしも果てよう。この自然はわたしの命だ。父を死んでも守りたい」
「なりませぬ。理多様」

黒絹は、一輪の薔薇を差し出した。
刺に裂かれた親指から、ぷっくり一点、紅い滴がもりあがる。

「あなた様には生きていただきたい」

黒絹は血を舐め、妖しく美しく微笑んだ。

「生きて語り継いではいただけませぬか。我ら山の者の話を。人間の愚かしさを。そして自然の恐ろしさを」
「恐ろしさとな……?」

理多は自らもまた手を伸ばし、黒絹の血を舐め取った。
今宵は庭の音がせぬ。
虫も草木も沈黙を守る、何かが起こる前夜の予兆。

「今にわかりましょう」

黒絹は、そして今夜も薔薇を捧げた。































「理多様。準備が整いましてでございます」
「ありがとう。今参る」

漆黒の布に身をつつみ、冷たい石の床を行く。
巨大な扉に手をかけると、自ら両手で押し開いた。

つんとすえた、不快な匂いが鼻をつく。

「お祖父様。お変わりになって」

白い花床に横たわったその者は、つい先日山の事故に遭って死んだ。
土砂崩れだったと供についていた者は言う。
雨が降ったわけでもないのに地盤が崩れ、祖父一人が転落したと。

山じゅうが気味悪いほど静まり返り、ありとあらゆる動物達がその様子を見守っていたと。

「成る程な。黒絹」

これが自然を侵した者への、罰というわけか。






























庭は死んだ。山も死んだ。父の愛した自然はもうかの地には残ってはおらぬ。

理多は都へ身をうつした。
大きな洋館の中で洋装を纏い、洋食を口にして、日々を営んだ。

体中が腐敗しつつある感覚を覚えていた。

「黒絹」

吐き気がするのだ。

「黒絹。お前はどこにいる」

眠ることが、できぬ。






















ある夜、薔薇の香で眼が醒めた。

「理多様」

やつれた頬に、敏捷な手が触れる。

「黒絹」
「今宵は、ご機嫌麗しく」
「何をしにきた」
「あなた様をお迎えに参りました。」

窓がいつのまにか開いていた。
石のバルコニーから冬の冷たい空気が流れ込んでいる。
己を抱く黒絹の力強い体を感じながら、理多は夢現に言葉を紡いだ。

「迎えとな?笑わせるな、黒絹よ。いまさら私の行く場所などどこにも無いのだ。捨て置けばよい。私はお前の知るお前ではとうにない」
「帰るだけでございます。理多さま。あなたはあなた様のお庭へと」
「帰れない。わたしは汚れた。私の腐った臓物を、お前に見せてやりたいものだ」
「では御体を捨て置いてゆくこととしましょうか」

































鳥は命を運ぶといわれる。

「ではわたしは死んだのか?」

月に向かって飛ぶ鳥は。
世界のどこへも飛ぶことのできる鳥は。

「わたしは死んだのか、黒絹よ」

しかし今、理多と並んで空を舞う。

「いいえ。あなたさまはこれから我らの一族へと迎え入れられるのです。」

黒絹は言った。
たわむ大きな翼の威厳、鋭い嘴の野生、澄んだ瞳の愛情。

「理多様。あなたさまは私の妻となられるのです」

氷のような音がする。
冬の夜が鳴る音だ。

理多は静かに微笑んだ。

「おまえの妻に」

それはなんと喜ばしい。

「私はおそらく、はるか以前よりそうなることを望んでいた」

黒い絹の鳥が二羽。

黄色い月の真下をゆく。
































理多はそして、現世より消えた。

ただ一輪の薔薇だけを後に残して。





















その後風の運んだ頼りによれば、かの地にはいつか再びあの美しい山と庭が再生していたとの話……。

























ネット小説ランキング「夏のお題100」部門に登録しています。
→→ネット小説ランキングに投票する!
*WORKS
*HOME



2style.net