マーシャル諸島の特徴

マーシャル諸島共和国は赤道の北800Km、首都のあるマジュロ環礁を中心に200万平方Kmの広大な海域にある29の環礁と5つの独立した島からできています。環礁島は大小さまざまな1,225余りのサンゴでできた島々で構成されています。その島々は輪の形を成して並んでおり、その美しさから「太平洋に浮かぶ真珠の首飾り」と呼ばれています。
環礁という島の構成は大変ユニークで、首都マジュロのあるマジュロ環礁は57の島が100Km余りにわたってつながっています。しかしその島幅は歩いて2分ほどで横断できてしまうほどです。海面にようやく頭を出しています島々にはいわゆる表出土がほとんどなく、ココヤシやパンの木、パンダナスのほかに期待できる豊かな実りは少ありません。しかし海には無限の豊かさがあり、このアンバランスな環境が海に生きる独自の文化を発展させました。計器のない時代に、変わらぬ星の位置と潮の流れ、太陽と風、雲、鳥、漂流物などを頼りに太平洋を自在に航海します。この環境がマーシャル人をミクロネシアで最も優れた航海者に育てました。
首都マジュロ (Majuro) などはすっかりアメリカナイズされていますが、それ以外の環礁島は今なお伝統的自給経済が中心です。

マーシャル諸島へのアクセス

まずはビザとパスポートについて

※日本国籍を持っています前提でお話します。
有効期限内のパスポート(有効期限6ヶ月以上)と復路の航空券を所持していれば、空港到着時に無料で30日有効の観光ビザが発給される。現地の移民局に申請すれば、観光目的で最大90日まで滞在が可能となります。

空路

日本からマジュロへ行くには、グアムでコンチネンタルミクロネシア航空のグアム〜ホノルル間のアイランド・ホッピング便を利用します。コンチネンタルミクロネシア航空はグアム・ハワイからマジュロへ各週3便。グアム〜マジュロ直行便は週1便。

空港使用料は出国する際に20米ドルが必要となります。

税関審査は厳しくないが、もちろん、薬物、武器、あるいは大量のアルコールと地元の農作物に有害な病気をうつす可能性のある果物や植物の持ち込みは禁止しています。

旅行情報

通貨と両替

マーシャル諸島の通貨はUSドル。日本円はどこの店でも使えないので、日本出発前にUSドルに両替しておくこと。なお、レートは悪いが現地の銀行で両替することもできます。2つの銀行はダウンタウンにあります。グアム銀行はでラップ地区にあるペイレス・スーパーマーケットに隣接し、マーシャルアイランド銀行はウリガ地区のホテル・ロバートレイマーズの道路をはさんだ向かいにあります。銀行の営業時間は月〜木が10:00〜1500、金曜が10:00〜18:00。
クレジットカードは大きなホテル、ツアー会社、スーパーマーケットで使えますが、レストランでは使えないところも多いです。クレジットカードはVISA/MASTERが主流で、他のカードは事前に確認する必要があります。

時差

  • マーシャル諸島の日本との時差はプラス3時間となります。日本が正午の時、マーシャルは同日午後3時。また、マーシャル諸島の国内での時差はありません。

電気・電圧

電気は110/120ボルト、60サイクルで、差込プラグは日本と同じ形態です。

水道水は、飲料水として適さありません。旅行者は馴れないこともあり、また疲れもあったりするので、生水は絶対に避けること。ミネラルウォーターあるいは紅茶やコーヒー、また水を沸騰させて飲料水にする場合には、沸騰してからなお5分程度沸かし続けるようにします。

郵便

日本までハガキ一葉、封書一通98セント〜となっています。日本からの航空郵便物は通常約1週間〜10日を要します。

国際電話

マーシャル諸島の国番号は692。
市内通話料金は無料。国際電話や離島への無線電話は、デラップ地区にあるNTAで24時間利用できます。通話料は日本まで1分あたり7AM-7PM1.25ドル、7PM-7AM1ドル。ホテルからの電話はこの料金に手数料が加算される。NTAではテレホンカードも販売しており、これを利用するとホテルからの国際電話もお得です。

インターネット

特定のホテルやレストランでは、WiFiカードを販売していますので、カードを購入すればインターネットが可能です。

適した服装

男性と若い人々はTシャツにジーンズとサンダル、半ズボンがほとんどだが、年輩の女性はゆったりした花柄のムームーを好んでいます。若い女性と少女は、ふくらはぎまであるスカートをはいています。外国人観光客も、ひさ上より短いショートパンツやミニスカート、水着で出歩かないなど配慮が必要です。屋内の冷房が強いことがあるので上着があると便利です。
マーシャルでのフォーマルな服装は、男性はアロハシャツに長ズボン、女性はムームー。マーシャル人はキリスト教の信仰が強いため、水着の着用はプライベートビーチ以外では禁止されています。もっとも、日差しが強いため、肌の露出が多い物は避けるなど観光客は注意が必要です。

チップ

チップはオプショナルということなので、義務ではありません。ただホテルのベッドメイキングには、1ドルくらい置いていく観光客が多いです。タクシーやレストランなどはチップ不要です。


2style.net