SEになってSEO対策を極めSExしまくって、且つSExual harassmentで逮捕されないようにするためのサイト

システムエンジニア

システムエンジニア(英語:systems engineer、SE)とは、情報システム分野におけるコンピュータ技術者の1つである。通常は情報システムの要件定義、設計、開発、運用などや、それらを統括管理するプロジェクトマネジメントなどに従事する。

主に上流工程(要件の整理や見積もりなど)を中心とする事が多く、プログラマやハードウェアの保守を行うカスタマーエンジニアなどとは区別される。

「システムエンジニア」(SE) は和製英語であるという主張がなされることもあるが、"Systems Engineer"という言葉は英語圏でも使われており、その使用は確認されているだけで1958年に遡ることができる。ただしその意味や職務は日本でいうシステムエンジニアと同じではない。

システムエンジニアの職域

システムエンジニアの職域を上流から下流にかけて分類すると、以下のようなものを挙げることができる。

1.顧客の要求に対する聞き取りをして要求定義を行い、構築する情報システムの内容を明確化する。
2.定義された要求を実現するために構築するソフトウェアとハードウェアの設計を行う。
3.ソフトウェアの構築とハードウェアの調達を行う。
4.構築するシステムのテストを実施する。
5.テストにより発見されたバグの修正を行う。
6.テストに合格したシステムを構成管理して稼動開始させる。
7.稼動したシステムの運用管理を行う。
8.運用管理の成果に基づき、顧客にシステムの改善を提案する。
9.以上の全域に渡り、システム構築のプロジェクトマネジメントを行う。
システムエンジニアの職務内容は、細部においては、それぞれの企業により異なるが、概ね、初期においては、要求分析、要件定義、作業工数見積もり、作業計画の策定に始まり、要員の手配、開発チームの組織、物資の手配、進捗管理、技術的課題管理、調整、果ては、部下の勤怠管理まで、多岐にわたる。さらに、これに加えて、設計、及びテスト計画の策定、テストの実施指示まで関わり、成果物に対して責任を負うところまで、職務としている場合が多い。一般的には上級職とされがちであるが、実際のところは、コンピュータシステム開発における担当部分、分担するパートの違いと見た方が正しい見方と言える。システムエンジニアだからといって、コンピュータに関する技術に精通しているとは限らない。むしろレベルの高いプログラマの方がより専門性が高い。

これらの中には、単にコンピュータの専門知識があるだけでは務まらず、コミュニケーション能力や、顧客のビジネス知識(業界知識、業界動向など)が要求されるものもある。

上記作業はすべて一人で担当する場合もあれば複数人で担当する場合もある。.php" -->

(C) STACKASTERISK.JP All rights reserved.

2style.net